「平和構築」を専門にする国際政治学者

篠田英朗(東京外国語大学教授)のブログです。篠田が自分自身で著作・論文に関する情報や、時々の意見・解説を書いています。過去のブログ記事は、転載してくださっている『アゴラ』さんが、一覧をまとめてくださっています。http://agora-web.jp/archives/author/hideakishinoda なお『BLOGOS』さんも時折は転載してくださっていますが、『BLOGOS』さんが拾い上げる一部記事のみだけです。ブログ記事が連続している場合でも『BLOGOS』では途中が掲載されていない場合などもありますので、ご注意ください。

経歴・業績 http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/shinoda/   
Facebook    https://www.facebook.com/hideaki.shinoda.73
過去のブログ記事(『アゴラ』) http://agora-web.jp/archives/author/hideakishinoda

 先週末に、「新規陽性者数:本当に「指数関数的」拡大なのか?」という文章を書いた。http://agora-web.jp/archives/2049119.html 新著『新型コロナからいのちを守れ!』という題名の自著の出版の機会に、西浦博教授が「報道各社のインタビューに応じ『都市部で感染者が指数関数的に増加している』と述べ」たことを受けたものだった。https://www.tokyo-np.co.jp/article/70490/

 果たしてこれは正当化される発言だろうか。対談集『不安を煽る人たち』を出版したばかりの私としては、非常に気になるところである。https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%82%92%E7%85%BD%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1-WAC-BUNKO-330-%E4%B8%8A%E5%BF%B5/dp/4898318304/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1607145806&sr=1-1 

私は、「第1波」の際には、「西浦モデルの検証」と題した文章をシリーズで13回書いた。「第2波」の際には、「日本モデル vs. 西浦モデル2.0の正念場」と題した文章をシリーズで8回書いた。http://agora-web.jp/archives/author/hideakishinoda その私としては、「第3波」に対する西浦教授の発言には、関心を持たざるを得ない。

先週末、私は、果たして西浦教授のように言えるか疑問だ、という趣旨のことを書いた。感染拡大のスピードは、1112日頃にピークを迎えてから鈍化傾向に入っている、と言わざるを得ないと感じていたからだ。全国、東京、大阪の指標のいずれも、新規陽性者の拡大は11月下旬になって横ばい状態であるように見えたからだ。

 全国
東京
大阪


 ちなみに11月下旬の連休の影響があれば、12月第1週前後に新規陽性者数に変化が見られることになる。確かに、この一週間では、実際に、鈍化傾向が鈍る様子、つまり少し増加率が高めに戻る様子が観察された。しかしそれは必ずしも大きな動きにはつながらず、再び鈍化傾向に戻り始めているように見える。

実は「第2波」の際にも、続いていた拡大スピードの鈍化が、7月下旬の連休の一週間後には少しだけ跳ね上がりを見せた時期があった。その連休の影響が見られた後の82週目頃から、新規陽性者数は顕著に減少を開始した。

このような動きを、「指数関数的拡大」、と呼ぶのは、いささか困難であるように思われる。もっとも指数関数的拡大の意味は、意外にも、可変的である。たとえばグラフの横軸の単位を1年とか10年にした場合、現時点でのデータでは何も判断できなくなる。あるいは「昨日から今日にかけての二日間だけについては指数関数的拡大が見られる」と言うとき、実質的な意味はほとんど何もないが、もし今日の新規陽性者数が、昨日の新規陽性者数の乗数であったら、必ずしも間違いではない。

押谷仁・東北大学教授は、4月に西浦教授が報道陣を集めて「42万人死ぬ」をやったときのことを述懐して、次のように述べている。

―――――――

尾身先生から、西浦さんが試算を公表する可能性があると聞いたのは前夜。当日朝電話したが西浦さんは出ず、僕は新橋のスクリーンであの推計値が発表されたのを見ました。試算の公表には反対でした。・・・ああいうモデルは被害想定を大きくしようと思えば、どこまでも大きく出せる。この感染症の実態にいまの数理モデルは合わないと思います。

――――――――――

 押谷教授は、過大な試算を強調することの危険性について、指摘する。

――――――――――――

あまりに現実とかけ離れた数字を出すと、そんなに死亡者が出るなら細々とした対策など意味がないのではないかと、人々が逆に対策をあきらめる方向に動く危険性があるのです。https://www.dailyshincho.jp/article/2020/07090602/

―――――――――――――

私は繰り返し押谷教授を「国民の英雄」と呼び、その貢献を称賛し続けている。私は、押谷教授の考え方が正しいと思う。煽るだけ煽り、怖がらせるだけ怖がらせることが「専門家」の役割である、とは言えない。少なくとも長期戦である新型コロナへの対策として適切とは思えない。

被害がコントロール不能なレベルに達しているという認識が広がりすぎると、人々は地道な努力を放棄し、「全ては政府の責任だ!テレビのワイドショーにしたがえ!さぼってないで早くウイルスを撲滅しろ!」という「煽り」言説に留飲を下げることしかしなくなってしまう。国民の行動変容が絶対不可欠な感染症対策を長期にわたって続けていくことは、不可能になる。

日本は現在でもまだ、強制力を伴う感染症対策を可能にする法整備を充実させていない。国民の現実的な状況認識が極めて重要だ。国民意識がついてこなければ、対策の効果は出ない。

政府が「何か」をしてウイルスを撲滅するべきだとする左派勢力と、対策は不要だという右派勢力に社会が分裂してしまえば、4月のような緊急事態宣言に踏み切っても同じ効果は出ないだろう。

西浦教授には、印象論で語っているかのように聞こえてしまう描写や予測を控え、もっと専門家らしく客観的な現状の分析をすることを心掛けてほしい。たとえば、「指数関数的拡大」が起こっていると主張するのであれば、それはいかなる意味でそうなのか、きちんと説明するべきだ。

日付

新規陽性者数

直近一週間の陽性者数

7日移動平均

前日からの増加比

直近一週間の増加比

11/1

606

4821

689

103%

121%

11/2

482

4902

700

102%

121%

11/3

868

5121

732

104%

121%

11/4

607

5004

715

98%

115%

11/5

1049

5249

750

105%

116%

11/6

1137

5617

802

107%

123%

11/7

1302

6051

864

108%

129%

11/8

938

6383

912

105%

132%

11/9

772

6673

953

105%

136%

11/10

1278

7083

1012

106%

138%

11/11

1535

8011

1144

113%

160%

11/12

1623

8585

1226

107%

164%

11/13

1704

9152

1307

107%

163%

11/14

1723

9573

1368

105%

158%

11/15

1423

10058

1437

105%

158%

11/16

948

10234

1462

102%

153%

11/17

1686

10642

1520

104%

150%

11/18

2179

11286

1612

106%

141%

11/19

2383

12046

1721

107%

140%

11/20

2418

12760

1823

106%

139%

11/21

2508

13545

1935

106%

141%

11/22

2150

14272

2039

105%

142%

11/23

1513

14837

2120

104%

145%

11/24

1217

14368

2053

97%

135%

11/25

1930

14119

2017

98%

125%

11/26

2499

14235

2033

100%

118%

11/27

 

2530

14347

2049

100%

112%

11/28

2674

14493

2070

101%

106%

11/29

2041

14384

2054

99%

100%

11/30

1429

14300

2042

99%

96%

12/ 1

2019

15102

2157

105%

105%

12/ 2

2419

15591

2227

103%

110%

12/ 3

2507

15599

2228

100%

109%

12/ 4

2425

15514

2216

99%

108%

12/ 5

2508

15348

2192

98%

105%

12/ 6

2058

15365

2195

100

106%

(小数点切り下げ、125・6日新規感染者数は報道による暫定値)

グラフ

新型コロナの感染が広がって、緊張感が広がってきている。他方、10ヵ月ほどの経験があり、以前よりも落ち着いてきたところもあるように感じる。

立場の違いによって懸念点をことさら強調したがる人もいれば、逆の人もいる。新型コロナ問題を見る姿勢が、左右の政治イデオロギー対立と結びついてきている傾向も顕著になってきた。二極分化社会の構造が、新型コロナ対策への見方にも影を落としているアメリカの姿を、いたずらに後追いしないように気を付けたい。

現在の状況の深刻度は、重症者数が医療能力に影響を与える水準になってきたためである。これについて医療施設受け入れ能力(地域間協力)の問題として考えなければならない。他方、毎日の新規陽性者数のニュースは、必ずしも同じ性格の問題ではない。一日当たりの新規陽性者数が「史上最高」とか「二日連続で〇〇人以上」などの「煽り系」の見出しには、あまり意味がない。

私は統計屋ではなく、専門家でも何でもない。奇抜なことを言おうとも思わない。ただ、「煽り系」に人たちの無責任な言説に翻弄されるだけの人生は送りたくない。そこで少しだけ常識を働かせてデータを見ることにしている。それだけでも、だいぶ「煽り系」の人たちに惑わされなくて済むようになる。

新型コロナの新規陽性者数に関して、最初に確認しておくべき常識のポイントは以下の通りのはずだ。あくまでも常識の話だと思うが。

 

1. 新規陽性者数を観察する最大の目的は、増減の大きな傾向を見ることである。

2. 曜日による偏差が出ることは織り込み済なので、7日移動平均(週平均)を見る。

3. 新規陽性者数の数字のトレンドは、1~3週間程度の前の時点の感染のトレンドである。

 

すでによく知られている常識の話なので説明は不要だと思うが、念のため確認しておこう。第一に、新規陽性者の絶対数は、検査数の従属変数なので、絶対値だけを見ていても評価ができない。見るべきはトレンドである。

たとえば、市中に100人の感染者がいるときに1日で200人と倍増した場合と、199人の感染者が1日で200人になった場合とでは、同じ200人でも、感染スピードが全く違う。より深刻なのは、前者の場合であり、後者の場合ではない。

「感染者学の専門家で日本医科大学特任教授の北村義浩氏」が、140人だった累積重症者が11月に410人になったことをもって、「1週間ごとに倍々」のペースだ、などとテレビで発言したらしい。「https://news.yahoo.co.jp/articles/09d2145cb020c0204548f6d3c2e8def1176eae91 意識的か無意識的か知らないが、「煽り」だと言わざるを得ない。1週間で倍増するペースとは、140人が11日程度で410人をこえるペースだ。4週間あると、2,240人に達しなければならない。

実際には、10月に150人程度だった数が11月に160人から410人になったので約4週間で310人増えて2.9倍になった増加率である。全く同じスピードで増加したと仮定したら、一週間あたり1.31倍程度の増加率である。

北村教授はただ「毎週140人ずつ増えて3週間強で3倍程度になったように見える」と言いたいだけだったのと思われるが、母数が日々変わっていく対象物の計算の方法に関する常識を欠いた言い間違えでだったと言わざるを得ない。

第二に、一日当たりの絶対数で一喜一憂すべきではない、ということは、常に週平均(7日移動平均の一日当たり新規陽性者数)を見なければいけない、ということである。週末に検査数が少なくて、平日の後半に検査結果がたくさん出てくることに文句を言っても仕方ない。単に慣れてしまえば、それでいい。

第三に、政策介入の効果が新規陽性者数に反映されてくるのは、1~3週間たってからである。今行い始めた政策の効果は、1~3週間たたないと、見えてこない。たとえば、119日に政府分科会が緊急提言を行い、尾身茂・分科会会長が記者会見を行った。この効果が出るとしたら、今、見えてきているはずである。

 タイトルなし

 

本来であれば、実効再生産数の速報値があるともっとトレンドは見えやすいのだが、正式な実効再生産数の計算は複雑であるため、各種公開サイトで値が出てくるまでに何日も時間がかかるのが歯がゆいところである。素人が、暇を見て計算を済ませるものとは言えない。

そこで暫定値として、週単位(7日移動平均)の増加率の比較をしてみると、だいたいの傾向はつかめる。以下が最近の全国の新規陽性者数を使ったサンプルである。

 

日付

新規陽性者数

直近一週間の陽性者数

7日移動平均

前日からの増加比

直近一週間の増加比

10/30

769

4553

650

101%

120%

10/31

868

4703

672

103%

119%

11/1

606

4821

689

103%

121%

11/2

482

4902

700

102%

121%

11/3

868

5121

732

104%

121%

11/4

607

5004

715

98%

115%

11/5

1049

5249

750

105%

116%

11/6

1137

5617

802

107%

123%

11/7

1302

6051

864

108%

129%

11/8

938

6383

912

105%

132%

11/9

772

6673

953

105%

136%

11/10

1278

7083

1012

106%

138%

11/11

1535

8011

1144

113%

160%

11/12

1623

8585

1226

107%

164%

11/13

1704

9152

1307

107%

163%

11/14

1723

9573

1368

105%

158%

11/15

1423

10058

1437

105%

158%

11/16

948

10234

1462

102%

153%

11/17

1686

10642

1520

104%

150%

11/18

2179

11286

1612

106%

141%

11/19

2383

12046

1721

107%

140%

11/20

2418

12760

1823

106%

139%

11/21

2508

13545

1935

106%

141%

11/22

2150

14272

2039

105%

142%

11/23

1513

14837

2120

104%

145%

11/24

1217

14368

2053

97%

135%

11/25

1930

14119

2017

98%

125%

11/26

2499

14235

2033

100%

118%

11/27

 

2530

14347

2049

100%

112%

(小数点切り下げ、1127日新規感染者数は暫定値)

 

グラフ

 

一進一退が続いているという言い方もできるし、最悪の時期は通り過ぎているかもしれないという言い方もできる。いずれにせよ尾身分科会長が「緊急提言」を行った11月第2週に増加が激しく、1112日木曜日に前の週の同じ曜日の164%増という高い増加率を見せていた。その後は増加ペースを落とし、1127日には112%となった。

なお東洋経済オンラインは、簡易計算方式で11月26日時点での全国の実効再生産数を1.13と計算しながら、だいたい同じような傾向を示している。

 実効再生産数

私は決して、新型コロナ対策は必要ない、などと言いたいわけではない。むしろ逆だ。重症者数が医療機関を圧迫し始めているのは確かなようだ。新規陽性者数の高止まりは、医療機関に対する圧迫を重くし続ける。尾身分科会会長が言っているように、全国を少なくともステージ2に十分に押し戻すことが必要なのも確かだろう。

他方、国民の努力の意味を判定することは、意欲を喚起するために、非常に重要である。いたずらに扇動的に脅威認識を高めることだけが、新型コロナ対策ではない。

最近の新規陽性者の拡大傾向の中で、西浦博教授が頻繁にメディアに登場するようになった。1125日には「報道各社のインタビューに応じ『都市部で感染者が指数関数的に増加している』と述べ」たという。https://www.tokyo-np.co.jp/article/70490/ しかし、上述の全国的傾向は、大都市部でも見られている傾向である。もし、「指数関数的拡大」という概念の意味が、「週の後半になると『一日の最高値』を記録することが何回か続く」、という程度のことであれば、西浦教授は正しい。しかし、それでは、単に「まだ減少傾向に入っていない」ということと「指数関数的拡大」が、同じ意味になってしまう。

1117日にGoogle AIによる4週間の新規陽性者数と死者数の予測が公開されるようになった。大変に良い企画だと思う。重要なのは、それから10日の間だけでも、実際のデータをふまえた修正が施され続けていることだ。AIが絶えず修正を加えながら、一つの予測を出してくれるのは、参考情報として有益だ。

人間の「専門家」だったら、一度出してしまった予測を守るのに、心理的に必死になってしまう。挙句の果てに、説明を施すこともなく、都合の悪い過去の言動を誤魔化すか、隠すか、してしまいがちだ。その点、こだわりがないのが、AIのいいところだ。

トレンドには、変更不可能な大きな幅がある。拡大基調にあるところで、急に数を半減させることはできない。市中に存在する感染者の数によって、感染拡大の傾向は相当に規定されるからだ。

他方、感染は人間のなせる業であり、可変的な要素も相当にあるはずだ。そのことも冷静に理解していきたい。

そのためには、われわれ人間も、AIのように冷静にデータを見ていきたい。将来に向かって可変的な幅を見極めて、可能な努力をしていくために。

 

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%82%92%E7%85%BD%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%81%9F%E3%81%A1-WAC-BUNKO-330-%E4%B8%8A%E5%BF%B5/dp/4898318304/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1606172835&sr=1-1

 

 「第三波」の到来に日本が騒然としている。過去10ヵ月の経験から、春先よりは落ち着いた雰囲気がある。他方、「煽り系」の人たちが「よし、出番だ!」と、また躍起になって活動し始めた雰囲気もある。

あらためて、われわれは今どこにいるのか、について落ち着いて考えてみたい。

世間では「第三波」の概念がすでに確立されており、私もそれを踏襲している。ただし「波」は人工的な概念操作によって成立しているものでしかないので、政府のように「波」の定義がないので、「第〇波」であるかどうかは言えない、という立場もとることは可能である。http://agora-web.jp/archives/2048896.html

なぜ政府は「第三波」の概念設定を嫌うのか。かつて緊急事態宣言終了時に西村大臣が用いた「ハンマーとダンス」の概念を参照して、考えてみよう。

西村大臣のハンマーとダンスの修正の必要性

「ハンマーとダンス」とは、強い制御策である「ハンマー」を用いる政策や、穏健な抑制策である「ダンス」を踊ったりする対策で、感染拡大の管理をしていく、という考え方である。

 西村大臣の説明では、「第一波」を「ハンマー」で制御した後、異なる抑制策での「ダンス」が続いていくことになる。緊急事態宣言中の説明であったという事情もあり、西村大臣は、「ダンス」期間中にはほとんど「波」のようなものがないかのような説明をしていた。

4

 この時の西村大臣の説明は、すでに「第三波」の段階にあるという現在の現状認識と、大きく異なる。西村大臣の説明を杓子定規に捉えると、「第一波」の新規陽性者数を超えた「第二波」「第三波」が来た際には、その都度「ハンマー」を振り下ろさなければならない。そうだとすれば、現在まだ緊急事態宣言を発しない政府の行動は、矛盾したものになる。こう考えると、政府が「ハンマーとダンス」はもちろん、「波」の概念も嫌うのは、当然だろう。

 西村大臣の説明で修正すべき点は、明瞭である。ウイルスを根絶することが不可能に近い以上、「波」への対処が完璧であることはない。「第一波」への対処の後、繰り返し感染拡大局面が訪れる可能性があることは、当時から自明であった。「波」は、繰り返し、複数回来る。

ただし、緊急事態宣言を発出するかどうかは、新規陽性者の絶対数だけで決めるものではない。すでに4月の緊急事態宣言の際から、発出の基準は「医療崩壊」の危険性であることが、安倍首相の口から明言されている。

小池東京都知事のハンマーとダンスの修正の必要性

 小池東京都知事が、「第二波」の後の9月に、「ハンマーとダンス」の概念を用いて、状況を説明したことがある。5月の西村大臣の説明と異なったのは、明瞭に「波」が複数回繰り返し訪れることを示した点である。

l_n200910_jitan_4

 しかしこの東京都の説明は、「第二波」以降の感染拡大は、対策が進むからだろうか、「第一波」と比してどんどん小さくなるかのような印象を与えるものになっている。これは現実と食い違っている。

小池東京都知事の説明で修正すべき点は、明瞭である。残存する感染者は累積することを考えると、むしろ後続の「波」のほうが大きくなることは大いにありうる。偏見を持たずに状況を分析するべきだ。

ただし、緊急事態宣言の発出は、新規陽性者の絶対数だけで決めるものではないので、「波」の大きさと、用いる「ハンマーとダンス」の手段の選択は、固定的な関係ではない。そのことを、あらためて確認しておけばよい。

死者数・重症者数でみるハンマーとダンス

日本は、2月に旧「専門家会議」が招集されて対策方針が確立されてから、重症者に重点を置く方針がとられているはずである。ただし、メディアではそうなっていない。政府の中でも意思統一が図られていないようにも感じる。

もともと日本のPCR検査は、CT値が高く設定されている(PCR検査が非常に敏感で、無症状者の陽性判定を多く出す傾向を持つ)。同じようにCT値を高く設定している欧米諸国は危機にあり、低めの東アジア諸国は、概して成績が良好だ。敏感に新規陽性者の推移を見るだけなら、敏感なPCR検査でいいのだが、他の指標と合わせてみる冷静な態度がないと、いたずらに「煽り系」の人たちにビジネスチャンスを与えるだけの結果に終わる。

「死亡者数」のグラフを見てみよう。すると、「第一波」が最も高く、「第二波」はそこに到達しないまま終わってしまい、現在の「第三波」もまだ「第一波」の水準にまでは達していないことがわかる。死亡者数の「波」を見ると、「ハンマーとダンス」が異なる形で適用されるべき根拠があることもわかってくる。

death Japan

ただし、一部の方々が主張したような「弱毒化の結果、人が死ななくなった」かのような様子はない。致死率が下がっただけである。検査数の増加、高齢者・基礎疾患者の社会的防御の進展、対応医療能力の進展などによって、死者数が「抑制」されている、と考えるのが、自然である。

ただし、実は重症者数でみると、それぞれの波が同じくらいの大きさに見える。人工呼吸器装着者数を見てみよう。
1606096836_20201123-ll975785s28
 「第三波」が、「第一波」の水準には達していないものの、「第二波」の水準を超えたことがわかる。その理由が、「第三波」が、それ以前の「波」よりも、高い水準で開始された点にあることも見てとれる。現在まだ進行中の「第三波」が、「第二波」よりも深刻に受け止められているのも妥当だろう。「第二波」の際に落ち着きを失わなかった分科会(旧専門家会議)が、「第三波」にあたっては、政府に対して連続して踏み込んだ提言を出しているのも、理解できる。「第一波のハンマー」以下だとしても、「第二波のダンス」以上の抑制策が求められているのである。 

ここ数日で、連日のように「史上最高の感染者数(新規陽性者数)」といった報道がなされている。大きなトレンドで言うと、112週目の新規陽性者数の増加率(絶対数ではない)が極めて大きく、3週目は少し抑制された。さらに細かく言うと、113週目の前半は週末であったことを加味しても、増加が抑制気味で、連休前の数日において増加が激しかった。 (絶対数ではなく増加率でトレンドを見たい理由については機会を改めて書いてみたい。)

Go Toキャンペーンの旅行パックにPCR検査が含まれている」場合が多かったため、「自費で検査を受ける人が多くなった結果、無症状の保有者が洗い出されてきた」、その場合の「問題点として、自費検査で陽性になった場合、陽性者は保健所に報告され陽性者数に加えられますが、陰性の場合、その陰性の検査数は全てのPCR検査数に上げられないという不都合が起きてしまい、PCR検査数に対する陽性率は、実際より高い数字になってしまう現象がおきてしまいます。」という指摘もなされている。https://www.takedaclinic.com/news/747/

新規陽性者数の増大は、もちろん良いことではない。しかし他の指標ともあわせ、その時々の状況も加味しながら、冷静に推移を見守っていきたい。

↑このページのトップヘ