「平和構築」を専門にする国際政治学者

篠田英朗(東京外国語大学教授)のブログです。篠田が自分自身で著作・論文に関する情報や、時々の意見・解説を書いています。過去のブログ記事は、転載してくださっている『アゴラ』さんが、一覧をまとめてくださっています。http://agora-web.jp/archives/author/hideakishinoda なお『BLOGOS』さんも時折は転載してくださっていますが、『BLOGOS』さんが拾い上げる一部記事のみだけです。ブログ記事が連続している場合でも『BLOGOS』では途中が掲載されていない場合などもありますので、ご注意ください。

経歴・業績 http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/shinoda/   
Facebook    https://www.facebook.com/hideaki.shinoda.73
過去のブログ記事(『アゴラ』) http://agora-web.jp/archives/author/hideakishinoda

 池袋老人暴走事件の遺族の方の会見があった。事件から一カ月たち、「生き地獄」と描写した状況を伝えてくれた。https://www.youtube.com/watch?v=lwwu59i9TTI

 会見を開いた遺族の方の勇気に感銘を受ける。悲しいことだが、こうした現実が、この事件の不条理を物語っている。こうした現実も知られていくべきだ。敬意を表する。

 俳優の風見しんごさんのように、継続して事故と向き合って伝え続けてる方もいらっしゃる。https://gozzip.jp/28755/ だが突然の事故に遭遇した一般の方には、こうした方法もとれない場合が多いだろう。

 裁判も終わらないどころか、うっかりすると始まらないうちに、加害者のほうはこの世界から去る。https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/16/0012335710.shtml それなのに被害者のほうが取り残され続ける。  https://blogos.com/article/376643/  数多くの戦争、犯罪、災害、事故の不条理の度合いに程度の違いがあるとは言えないが、老人暴走事件にわれわれが受ける不条理感は、半端ではない。http://agora-web.jp/archives/2038727.html

 大津市の園児殺傷事件の際の記者会見のあり方をめぐって、マスコミ批判が巻き起こった。「国民の知る権利」なるものを持ち出す識者の方々もいた。正しくは「伝える義務」のことだろう。権利あるところに、義務がある。マスコミは権利行使の代行者というよりも、社会的に意義あることを伝える「義務」の遂行者のはずだ。「国民」などといった集合的な他人の権利の代行を言うのであれば、マスコミの「伝える義務」をどう継続的に果たしていくか、メディア関係者には、そういう正しい「義務」の遂行方法を、考えていってほしい。

 少子高齢化社会では、統計的には、相当程度の蓋然性で、類似の事故が増えていくのだ。池袋暴走事件の一度の報道で、日本全国の老人たちが、事故を起こさない人間に生まれ変わっていく、などいうことは、決してない。継続的に「伝える義務」を果たす方法を考えていかなければならない。

 遺族の方々は、人生の意味を見出すために苦闘していく。https://inochi-museum.or.jp/information もちろん遺族の方々の迷惑になることについて「知る権利」も「伝える義務」もない。しかし遺族の方にとって意味があることについては、今後も継続して伝えていく「義務」が、事件を報道した者には、今後も存在し続けるのではないか。 

 池袋の老人暴走殺傷事故や、大津市の園児殺傷事故などを見て、それらに反応する文章を書いた。http://agora-web.jp/archives/2038517.html http://agora-web.jp/archives/2038727.html http://agora-web.jp/archives/2038898.html 

 専門外の素人の文章だ。ただ、人に見せる文章であるからには単なる感情論だけではよくないと思い、老人暴走にはどういう特有の問題があるのかを考えながら書いてみた。大津市の事件では、被害者を尊重するための記憶の継承について書いてみた。

 もちろん私の文章は、素人の話だ。それ以上のものではない。

 しかし正直、唖然とするのは、専門家と思われる「識者」の人々のコメントを見るときだ。

 「暴走した老人を責めるだけではダメだ」

 「高齢者全員から免許取り上げろというのはダメだ」

 「マスコミを責めるだけではダメだ」

 「マスコミの人間が全部ダメだと言うのはダメだ」

 「ネットに感情的なコメントをするだけではダメだ」

 ダメ、ダメ、ダメ、・・・とにかく突き放して見ていなければ、君はネトウヨだ、私は違うよ、だから私は専門家だ。

 これって、少子高齢化社会の日本を停滞させるために繁殖しているという、あのダメ出し上司の姿ではないか。

 「解決策は、自動運転車の開発を待って普及させることだ!(・・・どれくらいの時間が開発にかかるか、普及するのか、そんなことを考えるのは私の仕事ではないし、それについて私には何も責任がない)」

 「対応策は、交通事故には十分に気を付けるように保育園に通達を出すことだ!(・・・気を付けると何をすればいいのか、そんなことを考えるのは私の仕事ではないし、それについて私には何も責任がない)」

 こういう発想だけで生きている人こそが、「若者よ、もっと政治に怒れ」、みたいなことを言いながら、いつも周囲にカリカリした雰囲気をまき散らしているのではないか?と疑わざるを得ない。

 いつから日本は、こういう緊張感も責任感もない紋切り型だけの人物のことを、わざわざ専門家だとか識者だとかと呼ぶようになってしまったのだろうか。閉塞感が漂う。


 大津市の保育園児死傷事件の余りの悲惨さに、ショックを受けた。被害者に全く非がないにもかかわらず、唐突に、悲劇に襲われるというのは、戦争、虐殺、テロ、津波や地震や土砂崩れ等の被害と同じだ。私は平和構築という分野を専門にしているため、紛争後国に行ったりすることが多く、凄惨な事件があった現場に行くこともしばしばある。感情を抑えるのが難しい。

 私の父親は弁護士だった。私が物心ついたころから我が家に車はなかった。父親が取得した運転免許を更新しなかったからだ。「交通事故の被害者・加害者の弁護をしているうちに、免許を更新する気持ちが失せた」とよくつぶやいていた。私自身は、国際政治学者になり、家族を車に乗せて出かけることも多い人間になったしまった。ただ、亡父の言葉は、この歳になってもまだよく覚えている。

 事故現場のストリートビューが涙を誘っている。http://agora-web.jp/archives/2038888.html 今回の事故当事者と同一かはわからないが、事故時を彷彿とさせる園児と保育士さんの姿が、あまりにけなげだからだ。

 園児が飛び出さないように細心の注意を払い、道路から離れて園児を守っている保育さんたち。そして園児たちがその保育士さんを信頼して、手をつないで見上げている姿。

 園長先生らの記者会見の悲惨だった。疑いなくマスメディアによる被害者に対する二次災害である。大きなマスコミ批判が起こっているという。http://agora-web.jp/archives/2038893.html 非難は当然だ。日本のメディアは、つまらない話ばかりしていないで、いくらなんでももう少しは自分たちが持っている社会的役割の意味について素面になって真剣に考えるべきだ。というか、常識を働かせて立ち止まることができるようになるべきだ。常識というのはつまり、人間の尊厳を尊重する姿勢を、何よりも優先させる、ということだ。

 事故の被害者や遺族の方々だけではない。園長先生や保育園のことが心配になった人たちも多いだろう。手助けする方法ないのか。

 今後、散歩に出かけることできるだろうか。琵琶湖を目の前にして、子供たちを外に出してあげたいだろう。フラッシュバックと戦う苦痛を和らげるためには、行政が安全に散歩に出かけるための車両手配を支援するなどの措置をとることはできないだろうか。

 そのとき事故現場の近くに行くことができるだろうか。行きたくないだろう。しかし避けることができるだろうか。忘れたくないだろう。関係者や市民が、事故の心配なく合掌して犠牲者の冥福を祈る空間を作ることはできないものだろうか。

 紛争地帯では、事件の現場の保存が大きな議題になる。モニュメントが作られることもある。世界遺産化された広島の原爆ドームはそうした動きの世界史的な象徴だ。だが原爆ドームも、保存の是非や方法で意見が大きく分かれ、保存決定までには20年以上かかっている。被爆者の気持ちを考えると、時間をかけて決めていくのは、仕方がない。保存には費用もかかる。市民全員の理解も必要だ。311の被災地では、南三陸町防災対策庁舎の保存問題も、揺れ続けている。

 ストリートビューに映った後、無残にも破壊されたフェンスは、第三者の私有物ではないかと思われる。保存は想定されないだろう。だが園児たちが圧し潰されてしまったというフェンスを、あっという間に除去して処分してしまうつもりだろうか?もしそうだとしたら、代替措置は何かとれないのか。

 次に園児たちが散歩に出る際には、嫌でもドライバーの視界に入る「保育園児散歩中、気をつけろ」という旗や看板でも出してほしいくらいだ。何百メートルも手前からそれが識別できるように支援できないだろうか。事故現場を通ると、全てのドライバーが事故のことを思い出さざるを得ないような空間は作れないものだろうか。

 もちろんこれらはすべて関係者の気持ちを尊重するということを大原則にしたうえで、検討されるべきだろう。しかし、たとえば事故現場の尊厳を保つ、という点について、再発防止のためにも、何か配慮ができないか、考えてみてもいいのではないか。そういうところから、人間の尊厳を尊重する、という当たり前の気持ちを、人々が取り戻すきっかけを作っていけないか。

↑このページのトップヘ